楢俣川釣行紀

1998.5.9

この川は去年の夏に行った時は水量も少なく遡行も楽でしたが、今回、
ユキシロの恐れもあり、スクラムを組んでの遡行や、ザイルを使う場面
も有るかもしれないということで、大魔王をお誘いしました。この時期、
水量も豊富で遡行も困難ですから、大型の期待に胸膨らませていました。

夜中に大魔王の隠れ家を出発。ビバーク用の食料も含め朝昼晩、それと
予備の食料を買い込んで、目的の林道終点についたのが、5時位。
残念ながら既に先行者の車がいました。

急いでもしょうがないということで、ゆっくりと朝食をすませて出発する。
林道止めからは、急激な下り。標高差150m程度を30分程度要した。
下りた所は遡上止めとなる10mの滝。ここは右岸より巻く。先行者の足跡
を確認しつつ、小さな滝を越していく。暫くすると、2段20m?の悪い滝
にぶつかった。ここは左岸よりとりつき、一段目をクリアー、次の滝は
右から巻いた。この上からは魚がいるか偏光グラスをつけて遡行した。

暫くしたところで私のあっいた!!と、大魔王の『兵藤さん』の声が同時
に響き、1羽の川ガラスが上流に逃げて行った。川ガラスが岩魚を狙って
いたのです。同時に岩魚が驚いて、逃げて行くのが確認できた。
ここから竿を出しましょう。お互い、納得してして釣りの準備に入る。



私は、GWに使った仕掛けが痛んでいたので仕掛けの作り直し。餌のミミズ
を使って、流すとすぐにアタリ。一呼吸置いて合わせ。上がったのは、15cm
をやや超えた白っぽいニッコウイワナ。さすがに、源流は魚影が濃いです。

先行者がいるので、大場書はしっかり釣られているが、流しづらいところ
や、小さなポイントを流すと岩魚がでる。大魔王も同様にポンポンと釣る。

5m程度の大きな滝では釜が大きすぎて、立ち込んで釣るのですが、水が冷
たく、足がビリビリしびれて来る。大物がでるかなと、粘って見ましたが、
15cm強の岩魚が3匹でした。



この滝を超えると流れは緩やかになり、なにやら怪しい物体が。ヒキガエ
ル?の大群です。こんな源流にヒキガエルがいるのかどうか分かりません
が、姿形は似ています。色は黄色いです。細長いゼリー状の中に黒い粒の
卵がたくさんあって、カエルが群がっています。たぶん20匹以上いたと思
います。

そこを超えて暫く釣り上がると先行者の方が下りてきました。話を聞くと
2人で30匹程度だったそうです。尺クラスも1匹でたそうで、見せていた
だきました。数は我々と変わらない物の全体的に大きかったです。

すぐ上の沢が合流する所まで釣ったということで、我々は道具をしまって
そこを目指した。そこは、今回の一番悪い所。2段20m程度。左岸からの沢
も滝となって本沢に合流している。左岸よりとりついて、滝を直登。一段目
をクリアー。支流の沢側の滝をまた直登。支流の沢へでる。そこから、巻い
て本沢にでた。先行者が釣ってはいない物の、型は大きくならなかった。
暫くして、岩魚のアタリもなくなり納竿とした。サイズは15〜18cm程度が
主体で、たまに22cm程度が混じる程度だった。それ以上の型は残念ながら
でなかったです。

慎重に沢沿いを下り、林道止めの車まで厳しい登りを行い、今日の釣りは
おしまい。明日の沢をめざし車で移動。奥利根名物?の生ドラを食べ、夕
食をすませ、次なる沢の林道止めまで。今日はそこがテン場。大魔王と1日
の疲れを癒し、ビールで乾杯。前日から、一睡もせず23時やっと寝れる。
(1998.5.12 FML投稿より 山菜魔王記)