釜無川釣行紀

1997.5.2
朝の4時頃、調布インターから中央道に乗って7時ちょっと前に釜無川の林道のゲート
に到着、入漁券を売っていた小父さんに話を状況を聞くと、



「白川の合流の上の砂防ダムまでは放流をしていて、その上は2、3年に一度しか放流
をしていないよ。」
とのことでしたので、白川の合流点をはるかに通り越して、中ノ川の合流点まで登り
ました(この間、林道を1時間半くらい)。^^;;



中ノ川は合流点からすぐゴルジュになっていて、結構きつそうな谷だったのですが、
地図をみると先の方で林道と交差をしているのでそこまで、釣り登ってみることにし
ました。
右岸のガレた斜面をかなり苦労しながら高巻いたりしながら、大きな釜を持つ5mくら
いの滝を二つ越えると、その先にはいきなり30mはある滝が現れて、行く手を阻まれ
てしまいました。



高巻いてみようかと両岸は見ても、かなり上の方に壁があり、どう考えても無理に見
えたので、とりあえず滝をバックに記念撮影をしてから、登ってきた経路を戻ることに。



上りがきつかっただけに下りはもっときつくて、上りの10倍くらいの労力をかけてど
うにか合流点まで降りました。もっとも、夏だったら滝の上から釜に飛び込んだら、
気持ちよさそうな谷だったのですが。^^;;

ここまでの間に、私がルアーを数回投げただけで、大魔王は竿をださずじまいでした。

釜無川本谷を上流にちょっと上がってみると、真新しい砂防ダムがあり、さらにその
上にも砂防ダムが建設中でした。
あまりにも無用な(と私は思っている)砂防ダムだらけのためちょっと悲しくなり、
さらに渓流シューズがちょっと足に合わなくてさらに悲しくなってしまいました。

(1997.5.8 FML投稿より 小魔王記)