2000/10/2〜3 木工事(2階壁)&内部建具工事(2階)
       &板金工事(土台水切)


FRPで防水工事されたベランダと壁面の合板との境界部分にアルミ製の水切が取り付けられました。


コーナー部分などはコーキングしてあります。


土台と基礎との境界部分にもベランダと同じカラーアルミの土台水切がとり付けられました。


こんな感じで通気胴縁の上から打ち付けてあります。材質が違う仕上げ材の境界に水切を設けることにより雨水の侵入を防ぐようです。


ベランダ橋脚も部分もこんな感じです。角の部分は保護のために塩ビのガードが付いていました。


第3種換気の給気口に配管が施され、周りは発砲ウレタンで処理してあります。


2階の内部建具が入りはじめました。


クロゼットになる場所もこんな感じです。


間柱に対して横方向に赤松の胴縁が打たれました。この上に石膏ボードが貼られます。


カーテンレールを付けるサッシ上部は補強してあります。


本日の現場でした。