2000/08/25〜26 木工事(2階天井・1階窓枠)
          &水道工事


 26日(土)は、現場で電気工事の打ち合わせ。コンセント、照明・スイッチ、電話・TV・CS・家庭内LANのジャック位置などをこと細かにチェックしていきました。どうしても決められないところは宿題にしてもらいました。
 翌日曜日は現場がお休みなので、のんびり写真を撮りに出かけました。


玄関ドアが納入されました。エクセルの玄関ドアは種類が少ないので、トステムの断熱ドアから選びました。樹脂サッシも30日には納入されるようで、楽しみです。


こちらは杉しぼり5寸の床柱です。


バスルームの給湯配管(白)も完了です。


給湯配管はこんな感じで基礎から出ています。配管後に充填材が施されます。


2階の大工さんの作業場です。


2階天井の下地用の枠はほぼすべて完了していました。これは北側斜線の関係で少しだけ下がった北側の天井です。


ベランダの軒裏をのぞいて見ました。屋根断熱との断熱ラインの連続性が味噌です。垂木の部分にはウレタン充填材が処理してあります。


1階の屋根の部分に貼られたアスファルトルーフィングです。近くで初めて見ました。


1階の柱もすべて山形プレートで固定されました。


窓に枠が取り付けられました。電気工事の打ち合わせの最中に寸分の狂いもなく枠をはめ込む大工さんの技を見て、嫁さんが感嘆の声を上げていました。


本日の現場でした。