00/08/11〜12 木工事(ベランダ・2階床下地)


12日(土)は、嫁さんが東京にお出かけだったので、私は子守り。
出かける前に現場にちょこっとだけ顔を出しました。
今日も大工さんはいつも通りに朝早くから来られていました。
敷地の道路に面した部分に柵が作られ、ゲートも設けられました。これからいろいろ部材が納入されるからかな?   

今朝はベランダ部分と一部重なる1階の天井部分の断熱工事をやられていました。


こんな感じで1階の天井部分にSCフォームが貼られました。


2階のベランダへの出入り口のところはこんな感じで、断熱材の上に根太が渡され、その上にベランダの下地の板が敷かれています。


13日(日)は、現場はお休み。台風9号の影響で朝から雨です。
久しぶりに2階をのぞいてみたら、なんと根太と床の下地(F1合板)がほとんどすべて完成していました。横から吹き付ける雨のせいで、東側の床がちょっと濡れていますが、ルーフィングが施されたおかげか屋根からの雨漏りはまったくありません。壁はありませんが、無垢の棟や梁が丸見えの山小屋のような天井があり、床が貼られた2階は、アウトドア好きな私には、すでにとっても快適な空間です。現場が休みなのをいいことに1時間くらいそこでくつろいでいたかもしれません。

木の香りがする家はやっぱりよいです。(^_^)   


土足ではとても上がれませんので、靴を脱いで裸足で上がりました。床が入った2階はなんだかとっても家らしく、嬉しくなりました。窓や筋交いの位置・高さを確認したりしながらクルクル歩き回りました。 


根太が55mm、下地が12mmです。この上に無垢のフローリング12mmが貼られます。予算の関係でフローリングの厚みは少し(3mm)薄くしてコストダウンしました。


1階の床をささえるプラ束も納入されたようです。


屋根はルーフィングの上に瓦を固定する瓦桟(かわらさん)が打ちつけられていました。


本日の現場でした。